成果指向マーケターのための8つの分析レポート Adobe | Marketo Engage

ダウンロード

eBook

成果指向マーケターのための8つの分析レポート

収益への貢献を証明するための指標とは

昨今の情勢やテクノロジーの進化などにより、従来の購買行動に大きな変化が生じています。デジタルで様々な情報に触れ検討を進めるようになったことで、対面での営業活動がカスタマージャーニーの後半に位置するようになっています。つまり、ブランドと顧客の関係作りを主体となって担うのは、マーケターなのです。

マーケターが売上と利益を伸ばし評価されるために求められるのは、CEOやCFOなどの経営層と同じ観点で成果を証明することです。つまり、「いくらお金を使うのか」ではなく、「どれだけの成果が見込めるのか」を答える必要があります。

そのためには、適切な指標を測定し、レポーティングを作成することが何よりも重要になるとうことです。このeBookでは、「成果指向」のマーケターが作成し確認すべき8つのレポーティングを解説するとともに、MA(マーケティングオートメーション)で算出できるレポートの概要をご紹介します。


アドビのグループ企業では、今回のようにアドビの製品やサービスに関する大変お得な情報を、今後も担当者から直接ご連絡させていただきたいと考えています。このフォームを送信することで、ご記入いただいた電子メールアドレスと電話番号にご連絡を差し上げるに同意したことになります。詳しくはアドビのプライバシーポリシーをご確認ください。オプトアウトはいつでも可能です。

内容

  1. 購買ファネルの解説
    1. Top of Funnel (TOFU)
    2. Middle of Funnel (MOFU)
    3. Bottom of Funnel (BOFU)
  2. マーケティングの各プログラムを評価するための主な指標
  3. マーケターに必須な8つの分析レポート
    1. TOFUにおける見込み客分析
    2. MOFU 商談分析
    3. プログラムチャネルのパフォーマンス
    4. ベンダーやチャネルの分類によるインサイト
    5. コンテンツのプログラムパフォーマンス
    6. ファーストタッチとマルチタッチによるコンテンツ貢献度測定
    7. 商談への影響度
    8. パイプライン貢献の費用対効果
  4. 最後に

※2021年9月公開


▲ページ上部に戻る