メールマーケティングにおけるA/B テストの基本 Adobe Marketo Engage

ダウンロード

eBook

メールマーケティングにおけるA/B テストの基本

メール最適化の際に押さえておきたいポイント

メールマーケティングは、マーケティングテクノロジーの中でも比較的古くから利用されているものですが、今日でも広く用いられており、その信頼性は失われていません。あるデータによると、2020年現在、すべての購買行動のうち19.8%がメールマーケティングを起点にしており、自然流入や検索連動型広告に次ぐ高い効果を示しています。

費用対効果の高さなど、メールマーケティングを実施するメリットは非常に大きいですが、世界中で1日に送信されるメールの数は3,000億近くにも及ぶとも言われています。メールのコンバージョン率も低下傾向にあり、2018年には18.49%だったものが、2020年には15.11%に落ち込んでいます。

このような状況でも、効果的にA/Bテストを実施できると、多くの人に開封され、望ましい行動を促すメールを作成することが可能です。このクイックリファレンスでは、メールのA/Bテストを行う方法と実施すべき理由について、簡潔にご紹介します。是非このリファレンスを社内でもご共有いただき、手元に置いて施策に取り組んでいただけますと幸いです。


アドビのグループ企業では、今回のようにアドビの製品やサービスに関する大変お得な情報を、今後も担当者から直接ご連絡させていただきたいと考えています。このフォームを送信することで、ご記入いただいた電子メールアドレスと電話番号にご連絡を差し上げるに同意したことになります。詳しくはアドビのプライバシーポリシーをご確認ください。オプトアウトはいつでも可能です。

内容

  1. A/Bテストの定義
  2. テストすべき対象
  3. A/BテストのTips

※2021年8月公開


▲ページ上部に戻る